ダイヤモンドが添えられたジュエリーは高価買取になりやすい

ダイヤモンドの品質が価値につながる

ダイヤモンドは価値があるので、ジュエリーの中にダイヤモンドが含まれていると高価買取されやすいです。ただし、ダイヤモンドが含まれていればすべて高く買取されるわけではありません。ダイヤモンドの鑑定には4Cという評価基準があり、これを総合評価して高い価値を有する場合に高価買取になります。4Cとはカラット、カット、カラー、クラリティの4種類を表しています。それぞれ重量、輝き、色、透明度がチェックポイントで、特定のポイントが低かったとしても総合評価なので他が高い基準なら価値も上がります。もちろん、ダイヤモンドがちりばめられているジュエリーならダイヤモンド単体ではないので、ブランドの価値や他に含まれている貴金属の割合なども査定のポイントになります。

ダイヤモンドの鑑定士が在籍するお店の方が高価買取になりやすい

確かにダイヤモンドに価値があれば高価買取につながりやすいのは事実ですが、お店選びも重要になるポイントです。ダイヤモンドの鑑定には専門知識と経験が必要になるので、十分な鑑定能力がない人が査定をした場合は買取価格が低くなってしまう場合があります。正確な価値を算定することができないので、リスクを避けて安く価格設定をするからです。ダイヤモンドの鑑定士の資格を持ったスタッフなら、正確な査定ができるのでリスクを避ける必要がありませんし、高く買取をすれば評判が高くなるので高額査定をすることができます。そのため、せっかく価値があるダイヤモンドが添えられたジュエリーを売るのであれば、専門資格を持ったお店を選ぶのがベストです。